電気圧力鍋とホットクック

0

    電気圧力鍋とホットクックの比較!

    ロジカル家事本を読んで、読み終わらないうちに電気圧力鍋をポチっとした私。
    で、その後ホットクックを購入。
    ふたつとも電気を使う鍋であることは同じなはずなのになぜ2台勝ったのかという話。

    はじめに電気圧力鍋を買ったのは、単純に、ガスと違って電気なら、はじめに設定すれば加熱中はほったらかしにできるからいいな、と。で、家族がいることを考えると容量の大きいのもが良かった。プラス、勝間さんの本で、加熱方法の話があって、肉は低温で調理したらおいしいっていう話が出ていたので、なら低温設定もできるものがいいかな、ということでコレを買ったのでした。

    野菜と肉が含まれる煮物などをつくる場合には、野菜だけのときには低圧か高圧で調理して味を染み込ませて、肉と酒を加えて低温調理。適当にやってみただけなんだけどすごくおいしかった!

    牛肉とか豚バラスライスとか鶏肉で試してみたんだけど、要するにパサっとなったら嫌な肉は低温調理が良いみたい。一度鶏モモ肉(パサっとしづらい)を低温調理したら、火は通っているんだけどなんだか生っぽい感じで落ち着かない仕上がりになった。笑
    モモ肉とか、手羽など、もともとパサっとしづらい肉については圧をかけてやわらかく仕上げたほうが良いのかなという気がしてる。

    そのあたりの操作を手動でやってるんだけど、直感的にすぐ操作できて電気圧力鍋はすごく使いやすかった。


    その後ホットクック購入。
    まず操作面からいうと、電気圧力鍋と違ってわかりづらい!というのがはじめの感想。本を確認して、つくりたいものの自動メニューを選ぶのがまずやったことだった。つまり、ある程度レシピにそわないと第一歩が踏み出せなかった。

    そんなホットクックだけど、電気圧力鍋がある上に買い足した理由はふたつ。無水調理ができるからおいしいかな、というのと、「混ぜる」という機能があること。ネットでレシピ集を見てて、汁気の少ない副菜を自動でつくれるのがいいなと思った。電気圧力鍋のほうは汁気など水分はないとダメなので。

    実際ホットクックでキンピラをつくってみたら水分なしでそれなりの仕上がりだったし、アスパラを蒸してみたのもなかなかおいしかった。煮物もフルーツソースも良い感じ。これらすべて「混ぜる」機能を使っている。

    加えて、肉じゃがをつくってみたときもホットクックならほったらかしで最後までできちゃうのがすごいと感動。肉じゃがについては電気圧力鍋のほうでやったほうがお肉の部分をやわらかく仕上げることができる。でもホットクックなら最後までほったらかしで完成する。

    その日の自分の余裕と相談して使い分けると良いのかな。

    このblogを応援してくださる方は下記のバナーをクリックしてください!<(_ _)>

     にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 


    コメント
    コメントする








       

    サイト内検索

    amazon

    相互リンクしませんか?

    同じようなテーマでblogをしていらっしゃる方、お互いのサイトを紹介しませんか? ご希望の方はコメントにてご連絡ください!

    archives

    recent comment

    • ホットクックで肉じゃが
      よこ
    • ホットクックで肉じゃが
      ばな

    プロフィール

    書いた記事数:26 最後に更新した日:2017/09/15

    others

    mobile

    qrcode